Google Web Toolkit (GWT) を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例でわかりやすく解説しています。
Google Web Toolkit (GWT) 入門Google Web Toolkit (GWT) 入門
GWT 開発環境
GWT の基本
さらに学ぶ
サイト情報
スポンサーリンク

GWT RPC

GWT RPC とは?

GWT RPC (Google Web Toolkit Remote Procedure Call) はクライアントとサーバーが通信する方法のひとつです。

クライアントのコードから、サーバーのメソッドを呼び出すことによって 動的に Java のオブジェクトを通信することが可能となります。 クライアントから呼び出されるサーバーのメソッドは、サービスと呼ばれます。

GWT RPC の実装方法

GWT RPC は Java Servlet を用いて実装されます。

GWT RPC を構成するコンポーネント

  • サーバー上のサービス
  • サービスを呼出すクライアントコード
  • クライアントとサーバー間でやりとりされる Java データオブジェクト

RPC インターフェイスを定義、実装する方法

  1. RemoteService から派生したインターフェイスを定義し、 RPC メソッドを全てリストする
  2. RemoteServiceServlet から派生したクラスを作成し、上記のインターフェイスを実装する
  3. クライアントサイドのコードから呼ばれるサービスへの非同期インターフェイスを定義する

サービスは、要はサーブレットなのですが、 HttpServlet ではなく RemoveServiceServlet から派生するところに注意してください。

RPC サービス・インターフェイスの定義

RPC サービスは RemoteService を継承した interface として定義します。 名前は XXXService という名前にして、GWT の client パッケージにいれます。

またこのインターフェイスには @RemoteServiceRelativePath 表記を付記し、ベース URL からの相対パスを指定します。

RPC サービスの実装

次に、サーバー側のサービスを実装します。

サービスのクラスは com.google.gwt.user.server.rpc.RemoteServiceServlet を継承し、RPC サービスを定義したインターフェイスを実装します。

クラス名は XXXServiceImpl というように、 サービス名 + Impl というサフィックスを付けます。

またパッケージは、 GWT の server パッケージに入れます。

Eclipse でこれを作るとスタブコードが生成されるので、メソッドを実装します。

Web デプロイメント・アプリケーション・デスクリプタ (web.xml) の設定

サーブレットを認識するよう、war/WEB-INF/web.xml に次のエントリを追加します。

<servlet>
     <servlet-name>XXXServiceImpl</servlet-name>
     <servlet-class>com.foo.test.server.XXXServiceImpl</servlet-class>
</servlet>

<servlet-mapping>
     <servlet-name>XXXServiceImpl</servlet-name>
     <url-pattern>/mytest/xxx</url-pattern>
</servlet-mapping>

以上でサーバー側のサービスは設定できたはずです。続いてクライアントから、サーバー・サービスの非同期呼び出しを行うインターフェイスを定義します。

非同期呼び出しのインターフェイス定義

GWT の client パッケージに次の条件を満たすインターフェイスを作成します。

  • インターフェイス名は "サービスインターフェイス" + "Async"
    例. XXXServiceAsync
  • GWT client パッケージ内に作成する
  • サービスインターフェイスに存在するのと同じ名前のメソッドを定義する
  • メソッドの戻り値は void。パラメータは、最後に元のメソッドの戻り値の型の AsyncCallback オブジェクト

文字で書くとややこしいので、具体例を挙げます。

元のサービスインターフェイスが次のように定義されているとします。

package com.foo.test.client;

import com.google.gwt.user.client.rpc.RemoteService;
import com.google.gwt.user.client.rpc.RemoteServiceRelativePath;

@RemoteServiceRelativePath("xxx")
public interface XXXService extends RemoteService {

     String[] getData(int i);

}

この場合、クライアントからの非同期呼び出し用の Async インターフェイスは次のように定義します。

package com.foo.test.client;

import com.google.gwt.user.client.rpc.AsyncCallback;

public interface XXXServiceAsync {

     void getData(int i, AsyncCallback<String[]> callback);

}

尚、RemoteServiceRelativePath ではこのサービスの呼出し URL を指定します。ここで、"xxx" を指定すれば、 デフォルトで [Web Application プロジェクト名]/xxx という URL が、このサービスの呼出し URL としてクライアントに利用されます。 従って、web.xml で指定する URL パターンもこれにあわせて設定してください。

例えば、Web Application プロジェクト名が "MyTest1" という名前であり、 RemoteServiceRelativePath に "xyz" を指定すれば、 クライアントが RPC 呼出しに利用する URL は http://hostname/mytest1/xyz になります。従って、 サーブレットの URL パターンも /mytest1/xyz になります。

クライアントコードから非同期呼び出しを行う

次のようにサービスのプロキシを利用することで、クライアントのコードからサーバーのサービスを非同期で呼出すことが可能です。

private XXXServiceAsync svc = GWT.create( XXXService.class );

// コールバックオブジェクトの準備
AsyncCallback<String[]> callback = new AsyncCallback<String[]>() {

     public void onFailure(Throwable caught) {
          // エラー
     }

     public void onSuccess(String[] result) {
          // 成功
     }
};

// サービスへの呼び出しを行う
svc.getData( i, callback);

具体的な実装例は以下を参照してください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2010-2013 Keisuke Oyama Google Web Toolkit (GWT) 入門