Google Web Toolkit (GWT) を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例でわかりやすく解説しています。
Google Web Toolkit (GWT) 入門Google Web Toolkit (GWT) 入門
GWT 開発環境
GWT の基本
さらに学ぶ
サイト情報
スポンサーリンク
ホーム > Google Web Toolkit (GWT) の基本 > ClientBundle によるリソースの利用

ClientBundle によるリソースの利用

ClientBundle とは?

GWT では画像や CSS などのスタティックリソースを効率よく利用するための仕組みとして、 ClientBundle が用意されています。

ClientBundle はコンパイル時リソース最適化 (Compile-Time Resource Optimization) のひとつです。

ClientBundle を利用すると、GWT が自動的に複数画像をひとつにまとめ上げたり、サーバーとクライアントのラウンドトリップを減らすよう、 data: URL を利用するなどします。これによって、 HTTP リクエストを減らしプロトコルオーバーヘッドを減らすなどパフォーマンスの良いアプリケーションを構築できます。

従って、スタティックなリソースを扱う時は ClientBundle を通してそれを利用することを検討すると良いです。

リソース型

  • ImageResource - 画像リソース
  • DataResource - PDF 等のデータ
  • TextResource - XML、テキスト等
  • ExternalTextResource - 個別ファイルとするテキストファイル
  • CssResource - CSS

スポンサーリンク
ホーム > Google Web Toolkit (GWT) の基本 > ClientBundle によるリソースの利用
スポンサーリンク

© 2010-2013 Keisuke Oyama Google Web Toolkit (GWT) 入門