Google Web Toolkit (GWT) を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例でわかりやすく解説しています。
Google Web Toolkit (GWT) 入門Google Web Toolkit (GWT) 入門
GWT 開発環境
GWT の基本
さらに学ぶ
サイト情報
スポンサーリンク

イベント処理

イベント処理概要

GWT のウィジェットでイベント処理を行うためには、必要に応じて、 ClickHandler、KeyDownHandler、KeyPressHandler あるいは KeyUpHandler などの イベント処理用のインターフェイスを実装します。

このとき、com.google.gwt.event.dom.client.ClickEvent や com.google.gwt.event.dom.client.ClickHandler などを import する必要があります。

import com.google.gwt.event.dom.client.ClickEvent;
import com.google.gwt.event.dom.client.ClickHandler;

必要に応じて import してください。Eclipse を利用すると、自動的に必要なタイプを探してくれるので便利です。 (詳しくは 必要なパッケージを自動的にインポートする をみてください)

例. ボタンのクリックイベントハンドラ

addButton.addClickHandler( new ClickHandler() {
     public void onClick( ClickEvent e ) {
     }
});

例. テキストボックスの Enter Key 押下イベントハンドラ

emailTextBox.addKeyPressHandler( new KeyPressHandler() {
     public void onKeyPress( KeyPressEvent e ) {
          if( e.getCharCode() == KeyCodes.KEY_ENTER ) {
               // 何かする
          }
     }
});

ちなみに、例えば以前はクリックイベントへのハンドラとして次のようなコードを書いていました。

final Button testButton = new Button("Click me!");
testButton.addClickListenernew ClickListener(){
  @Override
  public void onClick(Widget sender) {
        
  }
      
});
RootPanel.get("testButton").add(testButton);

addClickListener は deprecated ですので、上のように addClickHandler を使うようにしましょう。

尚、イベントへの応答を確認するために、簡単なポップアップを表示したい場合があると思いますが、 そういう時は Window.alert などを利用できます。

Window.alert( "Hello!" );

Window.alert を利用するときは、次をインポートします。

import com.google.gwt.user.client.Window;

Window.alert を利用すると、次のように JavaScript の alert によるポップアップを表示できます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2010-2013 Keisuke Oyama Google Web Toolkit (GWT) 入門