Google Web Toolkit (GWT) を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例でわかりやすく解説しています。
Google Web Toolkit (GWT) 入門Google Web Toolkit (GWT) 入門
GWT 開発環境
GWT の基本
さらに学ぶ
サイト情報

イベント処理

イベント処理概要

GWT のウィジェットでイベント処理を行うためには、必要に応じて、 ClickHandler、KeyDownHandler、KeyPressHandler あるいは KeyUpHandler などの イベント処理用のインターフェイスを実装します。

このとき、com.google.gwt.event.dom.client.ClickEvent や com.google.gwt.event.dom.client.ClickHandler などを import する必要があります。

import com.google.gwt.event.dom.client.ClickEvent;
import com.google.gwt.event.dom.client.ClickHandler;

必要に応じて import してください。Eclipse を利用すると、自動的に必要なタイプを探してくれるので便利です。 (詳しくは 必要なパッケージを自動的にインポートする をみてください)

例. ボタンのクリックイベントハンドラ

addButton.addClickHandler( new ClickHandler() {
     public void onClick( ClickEvent e ) {
     }
});

例. テキストボックスの Enter Key 押下イベントハンドラ

emailTextBox.addKeyPressHandler( new KeyPressHandler() {
     public void onKeyPress( KeyPressEvent e ) {
          if( e.getCharCode() == KeyCodes.KEY_ENTER ) {
               // 何かする
          }
     }
});

ちなみに、例えば以前はクリックイベントへのハンドラとして次のようなコードを書いていました。

final Button testButton = new Button("Click me!");
testButton.addClickListenernew ClickListener(){
  @Override
  public void onClick(Widget sender) {
        
  }
      
});
RootPanel.get("testButton").add(testButton);

addClickListener は deprecated ですので、上のように addClickHandler を使うようにしましょう。

尚、イベントへの応答を確認するために、簡単なポップアップを表示したい場合があると思いますが、 そういう時は Window.alert などを利用できます。

Window.alert( "Hello!" );

Window.alert を利用するときは、次をインポートします。

import com.google.gwt.user.client.Window;

Window.alert を利用すると、次のように JavaScript の alert によるポップアップを表示できます。



© 2010-2017 Keisuke Oyama Google Web Toolkit (GWT) 入門