Google Web Toolkit (GWT) を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例でわかりやすく解説しています。
Google Web Toolkit (GWT) 入門Google Web Toolkit (GWT) 入門
GWT 開発環境
GWT の基本
さらに学ぶ
サイト情報
スポンサーリンク
ホーム > Google Web Toolkit (GWT) 開発環境 > Google Web Toolkit (GWT) とは?

Google Web Toolkit (GWT) とは?

Google Web Toolkit (GWT, グーグルウェブツールキット) は、複雑なウェブブラウザベースのアプリケーションを構築するためのフレームワークです。

多くの Google のアプリケーションは GWT を利用して記述されています。

Java でプログラミングを行い、それをコンパイルすることによって HTML ファイルや JavaScript ファイルを出力します。 Webアプリケーションの最適化方法としては、コードの最小化や画像のストライピングなど、面倒な作業がつきまといますが、 GWT では Java コードからスタティックファイルにおとしこむときに、Web 特有の最適化などを自動的に行います。大変気の利いたフレームワークです。

また GWT では先進的な UI を実装するためのライブラリが充実しています。 この点については当サイトの UI の設計 で詳しく取り上げます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2010-2013 Keisuke Oyama Google Web Toolkit (GWT) 入門