Google Web Toolkit (GWT) を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例でわかりやすく解説しています。
Google Web Toolkit (GWT) 入門Google Web Toolkit (GWT) 入門
GWT 開発環境
GWT の基本
さらに学ぶ
サイト情報
ホーム > UI の設計 > MenuBar の利用

MenuBar の利用

必要とされるアプリケーションは多いのに、なかなか簡便な方法がないもののひとつはメニューでしょう。

ユーザーはメニューをみたら、カスケード状にスライドして表示されるような UI を期待する場合も少なくないものの、それをゼロから実装するのはなかなか手間です。

メニューは GWT などのライブラリを利用する大きな動機の一つと言えます。

GWT でメニューを作るためには、 MenuBar クラスが利用できます。 ここでは具体的な例で MenuBar を実装する方法をみていきましょう。

MenuBar の具体的な実装例

ここで作るのは次のようなメニューです。

GWT MenuBar GWT MenuBar

デスクトップアプリケーションでよくみかけるようなメニューです。 File, Help というメニューがあり、 それをクリックすると、さらに詳細なメニューがドロップダウンします。そのなかには、選択可能な文字によるメニュー項目と、セパレータが必要に応じて組み込まれています。

まずはホストページは次のとおりにします。 ここでは BODY 部には何もありません。

<!doctype html>
<html>
  <head>
    <meta http-equiv="content-type" 
      content="text/html; charset=UTF-8">
    <link type="text/css" rel="stylesheet" href="MenuTest1.css">
    <title>GWT - MenuTest1</title>
    <script 
    	type="text/javascript" 
    	language="javascript" 
    	src="menutest1/menutest1.nocache.js"></script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

コード内で MenuBar のインスタンスを作成します。

package com.keicode.gwt.test.client;

import com.google.gwt.core.client.EntryPoint;
import com.google.gwt.user.client.Command;
import com.google.gwt.user.client.Window;
import com.google.gwt.user.client.ui.MenuBar;
import com.google.gwt.user.client.ui.RootPanel;

public class MenuTest1 implements EntryPoint {
  
  @Override
  public void onModuleLoad() {
    
    Command cmd = new Command(){
      public void execute() {
        Window.alert("Hello!");
      }
    };
    
    MenuBar fileMenu = new MenuBar(true);
    fileMenu.addItem("New", cmd);
    fileMenu.addItem("Close", cmd);
    fileMenu.addSeparator();
    fileMenu.addItem("Exit", cmd);
    
    MenuBar helpMenu = new MenuBar(true);
    helpMenu.addItem("Help", cmd);
    helpMenu.addItem("About", cmd);
    
    MenuBar menu = new MenuBar();
    menu.addItem("File", fileMenu);
    menu.addItem("Help", helpMenu);
    
    RootPanel.get().add(menu);
    
  }
  
}

メニューのドロップダウンする部分とそれ以外の親となる部分 ("File" と "Help") が共に同じ MenuBar クラスを用いて実装されています。

コンストラクタに渡す true という指定は、 メニューのレイアウトが vertical (垂直方向) が true であることを示しています。 デフォルトでは vertical が false であり、 水平にメニューを配置するので "File" と "Help" は水平方向に配置されています。

メニューのハンドラ指定

GWT MenuBar

メニューを選択した時の動作を定義するためには、 Command インターフェイス (com.google.gwt.user.client.Command) を実装します。

上記の例では次のようにして、 Command インターフェイスを実装するオブジェクトを作成しています。

import com.google.gwt.user.client.Command;
    ...  
    Command cmd = new Command(){
      public void execute() {
        Window.alert("Hello!");
      }
    };
    

MenuBar の addItem メソッドでメニュー項目を作成する時に、この Command オブジェクトを指定します。

ここではどのメニュー項目に対しても同様に、 Hello! というポップアップを表示しているだけですので、同じ cmd というオブジェクトを渡しています。


ホーム > UI の設計 > MenuBar の利用

© 2010-2017 Keisuke Oyama Google Web Toolkit (GWT) 入門